外壁塗装はどうして重要なの?

このページをご覧頂いている方の多くは、外壁塗装リフォームを検討されている方かと思います。
何となく外壁塗装リフォームは定期的に行うべきなのだと、思われている方を少なくおられるでしょう。
そこで、今回は外壁塗装がなぜ重要なのかを皆さんにお伝えします。

そもそも外壁塗装の目的とは何なのでしょうか。
「塗装」というと、多くの人が見た目を綺麗に保つためと考える事と思います。
しかし、本来の目的は大切な住まいや建物を保護する事なのです。

外壁は風雨や太陽光線、気温の変化などの自然現象にさらされ、汚れや老化、風化といった損傷を受ける場所です。
そのダメージを塗料の膜つまり「塗膜」によって抑え、寿命を延ばしてあげる必要があります。

その塗膜も毎日の雨や日光により日々劣化します。
この劣化を塗り替えもせずに放置すると、雨漏りを引き起こしたり下地の柱を腐らせてしまったりすることにつながる可能性があるのです。
だから、外壁塗装の塗り替えは重要なのです。

では、どのくらいのタイミングで塗り替えが必要なのか。
一般的に戸建住宅は、新築時から10~15年で塗り替えが必要とされています。
しかし、10年経過した頃には劣化症状が見られていることが多いため、住まいを長持ちさせるためには7~10年ごとの塗り替えが最適です。

ちなみに、劣化症状には段階があります。
第一段階は、色の艶がない状態です。
最初は光沢があるようにつやつやしていますが、だんだん艶がなくなっていきます。

第二段階は、色の変色です。
色の彩度が落ち、くすんだ色になります。

第三段階は、外壁の表面を触ると白い粉がつく状態です。
この現象をチョーキング現象と言い、塗膜の劣化により防水性が切れたために起こります。

第四段階は、藻や苔の発生です。
塗膜が劣化し防水性が切れることで、水分を含みやすくなり藻や苔が発生します。

第五段階は、ひび割れの発生です。
窓の四隅や外壁の角に起こりやすい症状です。

第六症状は、塗膜のはがれ、膨れです。
劣化によって付着力が低下し発生し、この段階になると外壁を保護する機能がない状態と言えます。

塗り替えのタイミングとしては、第三、四症状が好ましいです。
第五、六症状になると下地の補修が必要になり、外壁塗装以上の費用がかかってしまいます。

以上が目に見えるセルフチェックポイントです。
しかし、中々ご自身でのチェックは難しいことと思います。

外壁塗装のお悩みでしたら、お気軽に当社にご相談下さい。
お待ちしております!

今すぐお電話をする