福井にお住いの方必見!外壁塗装で使われる塗料の種類について紹介します!

福井に住んでいて外壁塗装を検討しているけれど、塗料が選べないという方はいませんか?
外壁塗装で使う塗料にはたくさんの種類があり、選ぶのが難しいでしょう。
塗料はそれぞれ特徴が異なり、価格帯にもばらつきがあります。
そこで今回は外壁塗装で使う塗料と、塗料の選び方について解説します。

□外壁塗装で使われる塗料の種類や特徴

外壁塗装で使われる主な塗料は以下の4つがあります。

1つ目はアクリル系塗料です。
色をはっきりと見せる効果をもちコストも低い一方で、紫外線に対して弱く耐用年数も長くありません。
耐用年数は4~7年で、3回塗り分の単価は1000~1200円です。
頻繁に塗り替えをして気分を変えたい人や手ごろな価格で塗り替えをしたい人はアクリル系塗料を選びましょう。

2つ目はウレタン系塗料です。
防水性と耐水性の点でアクリル系塗料より優れています。
戸建住宅を中心としてさまざまな建物で使われる用途の幅広さを誇ります。
密着性も強いので塗装がはがれている部分に使いましょう。

耐用年数は6~10年で、3回塗り分の単価は1800~2000円です。
予算を抑えたい人や塗料のはがれが気になる人はウレタン系塗料を選びましょう。

3つ目はシリコン系塗料です。
ウレタン系塗料よりもさらに耐候性と耐久性、出来具合で上回る質の高い塗料です。
塗膜の下にひび割れができても、防水性を失いません。

耐用年数は8~15年で、3回塗り分の単価は2500~3500円です。
耐用年数の長さとコストパフォーマンスの良さから、最も人気な塗料です。
迷ったらシリコン系塗料を選びましょう。

4つ目はフッ素系塗料です。
撥水性と耐候性、耐久性に優れている一方で汚れがつきやすい特徴をもつ塗料です。
光沢の良さをもちますが価格の高さからそこまで普及していません。

耐用年数は15~20年で、3回塗り分の単価は3500~4500円です。
長期間塗り替えをしたくないという人におすすめです。

□新しい塗料であるラジカル塗料とは

*ラジカル塗料とは

ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料の他にラジカルという2015年に発売された新しい塗料も出ています。
ラジカルとは劣化因子のことで、ラジカル塗料はラジカルの発生を抑え塗膜の劣化を防ぐ塗料です。
アクリル樹脂系塗料やシリコン樹脂系塗料が基盤となったうえに、特殊な成分を配合してラジカル塗料が作られていて水性と溶剤の1液型があります。

*ラジカル塗料のメリット、デメリット

ラジカル塗料のメリットの1つ目は安価で性能が優れていることです。
塗料に含まれている樹脂はアクリル系やシリコン系がメインなので、性能が上がっても価格の変化はあまりありません。

2つ目はチョーキングが起きづらいことです。
チョーキングとは塗膜の劣化現象で手に白い粉がつくことで、放置すると改修費用が高くなってしまう可能性があるため侮れません。
耐候性、耐久性に優れていてひび割れや水漏れも発生しづらいです。

3つ目は低汚染性に優れていることです。
光沢をもつことで汚れが付きにくいことでツヤと色もちを長持ちさせます。
塗膜の寿命を延ばしたければ、ツヤがあるものを選びましょう。

4つ目は作業性が高く手間がかからないことです。
塗料が伸ばしやすく飛散しにくいためモルタル、窯業系サイディング、金属サイディングなどさまざまな外壁に塗装できます。

一方でデメリットはラジカル塗料の知名度の低さから、業者があまり取り扱わないことです。
発売して時間があまり経っていないのが原因でもあるため、これからは業者がより取り扱うようになるかもしれません。

□塗料の選ぶときのポイント

塗料の選び方には4つの方法があります。
まず色を選びます。
外壁の色は住まいの外見に大きく影響します。
系統は同じでも明度や濃淡によって雰囲気が変わるため、じっくりと塗料メーカーの見本を見てふさわしい色を選びましょう。

次に塗料のタイプを選びます。
作業性に優れている水性塗料と耐久性に優れている油性塗料があります。
価格が安く耐久性が低い1液型か、価格が高く耐久性が高い2液型の違いも考慮したうえでどちらの塗料を使うか選択しましょう。

その後機能性を選びます。
防水性や遮熱、弾性、耐候性といった通常よりも付加価値のついた塗料もあります。
住まいの環境を見て付け足す価値のある機能があれば、その機能を持ち合わせた塗料を選びましょう。

最後に外壁材との相性で選びます。
サイディングボードやモルタルといったさまざまな外壁材があり、塗料によって相性が変わります。
相性がよければ耐用年数が長引き、一方で悪ければ短くなります。
住まいの外壁材との相性の良い塗料を選びましょう。

□まとめ

外壁塗装で使われる塗装の種類、塗料の選び方について解説しました。
塗料にはさまざまな種類があり、住まいの環境や外壁材との相性などによって適切な塗料が変わることを知っておきましょう。
外壁塗装を検討している方は是非、今回の記事を参考にして塗料を選んでみてください。

今すぐお電話をする