ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

福井で外壁塗装をお考えの方へ!ペットを飼われている方は注意しましょう!

こんにちは、塗装部・親方の三上です。

私が現場でよく聞かれることで、
「外壁塗装がしたいがペットがいるので不安だ」「外壁塗装はペットに悪影響を及ぼすのではないか」
というお悩みで、なかなか外壁塗装に踏み込めなかったり、
工事中も不安で家にペットだけをおいて出かけられないと言った話を伺います。
そこで今回は、外壁塗装がペットに及ぼす影響とそれを避けるポイントについて
私、三上があなた様にわかりやすくお伝えいたします。

□外壁塗装がペットに害を及ぼす要素とは


外壁塗装がペットに及ぼす影響は大きく分けて4つの原因があります。

*塗料の成分
ペットに害を及ぼす要素として、まず塗料の成分が挙げられます。
塗料には刺激臭がありますよね。
その刺激臭の正体は、シンナーなどの有機溶剤油性塗料の希釈に使われているものが、揮発し液体になったものです。
ペットがシンナーの臭いをかいでしまうと、下記のような症状を引き起こす場合があります。
・酔ったようにふらふらする
・アレルギー症状が出る
・食欲不振になる
・うずくまって動かなくなる
・おう吐する
・気性が荒くなる
また、ペットの生活範囲に放置された塗料や、塗装されたばかりの外壁にペットが触れてしまうと、体調不良やアレルギーを引き起こすかもしれません。
最悪の場合、塗装直後の乾いていない塗料を舐めてしまい命を落とす例もあります。
そのため、ペットに塗料を近づけないように細心の注意を払いましょう。
また、シンナーを使っていない水性塗料や自然由来の塗料は、ペットを飼っているお家の外壁塗装におすすめです。
しかし、それらの塗料にも注意点はありますので業者との確認を怠ってはなりません。

*換気が行えない
次にあげられるのは換気が行えないという問題です。
塗装作業では、窓がテープとビニールシートによって密封されるため開閉できません。
人間は部屋が息苦しくても自ら体温を調整できますが、ペットは自身で部屋の移動や体温調節が容易ではありません。
そのため、密閉された空間はペットにとって命に関わる危険となり得ます。

*エアコンが使えない
塗装作業中は養生シートで窓が覆われる上に、エアコンの室外機が覆われてしまうか、もしくは取り外されることで、エアコンが使用できなくなることがあります。
常にエアコンによる部屋の温度調節が必要なペットもいるため、エアコンが使えなくなるとペットの命の危機につながるかもしれません。
エアコンを使えるようにしてくれる業者は有料で、そもそも対応不可という業者も存在するため、契約前の確認を十分に行いましょう。

*騒音
外壁工事でも騒音が発生する工程が何度かあります。
騒音などの大きな音は、飼っているペットにとって大きなストレスとなります。
外壁塗装で騒音が発生するタイミングは、以下のものが挙げられます。
・足場を設置する際の音
・車両の移動による音
・作業員の掛け声
・職人が足場を移動する音
・屋根の上を移動する音
・高圧洗浄機の音
・足場の解体音
特に、足場の設置、解体、高圧洗浄の工事音は大きな音となります。
いずれも短期間で終わる工事ですが、ペットは人間より音に敏感ですので、ペットのためにもこの間は家から隔離して生活させてあげることをおすすめします。

□ペットへの影響をおさえる方法


それでは、このような問題にどのように対処するべきなのでしょうか。
その方法についてご紹介します。
まず、養生や足場は業者と打ち合わせを重ねることが大切です。
「工事中も外に出してあげたい」と考えている方は、工事前に十分に業者と打ち合わせを行いましょう。
その際に確認すべき点は、どの範囲までなら外に出しても大丈夫であるのか、もしくはどこからは危険なのかをしっかりと把握しておきましょう。
また、どの範囲でペットを飼っているのか、飼っているペットはどのような性格であるのか、どこで生活しているのか、どのような癖があるのかなどを細かく説明することで業者の対応も丁寧になるでしょう。
以上のことを踏まえ、業者にはどのように対処してもらうべきであるのかをご説明します。

1つ目は、騒音や振動の元からペットを遠ざけることです。
ペットは騒音に驚くこともあるので、足場組立てなど騒音や振動の起こる期間は室内に入れてあげるなどの配慮が必要です。
職人の作業時間である8時から17時はなるべく外に出さず騒音を避けてあげましょう。

2つ目は、臭いの出る塗料を使わないことです。
水性の塗料など臭いの弱いものや、自然塗料系という人や動物に害のないものの使用をおすすめします。
また、どうしても溶剤系のものを使いたい場合は、室内での生活もしくはペットホテルなどできるだけ現場から離してあげることをおすすめします。
また、外壁洗浄中もできるだけ室内に入れてあげましょう。
高圧洗浄では、跳ね返ってくる水も相当な量であるため、ペットにとって大変なストレスになることが予想されるためです。

□まとめ


今回は外壁塗装がペットに及ぼす影響についてご紹介しました。
ペットを守れるのは飼い主だけです。
以上の点を踏まえて、ペットにも害のないように外壁塗装を行いましょう。

また、もし、ペットがおられる方で外壁塗装屋根塗装を検討しているのでしたら、
私たちリフォームパンセにお尋ねくださいね♪
ペットについては別部門で専門のスタッフも在籍しているので安心ですよ。

お問合せはぜひこちらからどうぞ!
この記事は、塗装技能士・親方 三上浩平が責任を持って書きました。
(実は僕、こう見えても近畿大学卒なんです♪)

無料お見積もりは今すぐお電話を。