ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

外壁はガイナ塗装で一安心 福井市 I様

施工場所福井市照手
施工内容外壁塗装、屋根防水、ALC補修
工期50日間
費用340万円
塗料ゴールドプラン
ガイナ(断熱塗料)

リフォームのきっかけ

新聞に入っていたチラシを数回見かけました。
内容を見て信頼できる会社なのではと思い、
電話をかけてみました。

お客様のお悩み

外壁に亀裂が入り心配になってきた。
穴も所々空いていて、早く補修しないとと思っていました。

施工前

塗装前の外観です。
3階建てで、重厚感があり
正面がタイル貼りのお住まいです。

真正面から見てみましょう。
屋根・庇の部分に汚れがありますね。
1階の屋根部分の雨の跳ね返りが、
外壁にあたり 黒ずんでいます。

屋根部分に近づいてみました。
塗料が捲れてきています。
一部亀裂も入っていますね。

北面から上を見上げました。
雨だれの汚れが目立ちますね。

屋上の屋根部分です。
全体的に劣化が激しいです。
一部、穴も空いていました。
防水工事もしていきます。

外壁でIさんが一番心配されていた箇所ではないでしょうか。
外壁材(ALC)に亀裂が入り、外壁材が捲れあがってきています。

施工中

水洗い

高圧洗浄機で水洗いしていきます。

塀も塗装しますので、水洗いしていきます。
職人の手元をご覧ください。
水洗いする前と、した後で、
かなりの汚れが付いていたことがわかりますね。

外壁を洗い流している水です。
白濁した水が流れています。

外壁(ALC)補修

下塗りに入る前に、先程亀裂が入っていた部分を
補修していきます。
かなり深い亀裂で、外壁が隆起しています。

この隆起は、「爆裂」という現象です。
これが起きる原因として 何らかの形でALCの鉄筋が
錆初め、膨張し、ALCを押し上げます。

さて、作業に入っていきましょう。

まず、隆起している箇所を削ぎ落としていきます。

隆起している箇所が多く、上階の方は、
取り除いたゴミが下に落ちないのに補助します。

取り除いた後は、ALCの中の鉄筋等の
鉄の部分は金ブラシで錆を落としていきます。

錆止めを塗ります。

次に、糊の役割をするプライマーを
塗布していきます。

セメント系樹脂モルタルで、埋めていきます。

綺麗に埋め戻しました。

屋根の部分も同じく、穴を補修します。

補修完了です!
こちらの部分が乾燥したら、塗装に入っていきます。

コーキングの打ち増し工事

ALCのコーキングの箇所は、ひび割れが発生していましたので
塗装前にコーキングを打っていきます。

屋上・ベランダ 防水工事

シートを貼り終えました。

防水のトップコートを塗布していきます。
手前側は、まだ途中の段階ですね。

下塗り

下塗りに入っていきます。

下塗りの完了です。
コーキングも綺麗に終わっているので、
塗装も綺麗ですね。

中塗り

中塗りに入ります。

Iさんのお宅は、タイルの濃い色を活かし
ガイナでも濃色で塗装しました。

軒天も、同じ色で中塗りしていきます。

中塗り完了です。

上塗り

上塗りです。

上塗りが完了しました。

塀の塗装も完了です。

鉄部 塗装

雨戸も綺麗になりました。

庇部分も、アクセントになる
濃茶で全体を引き締めます。

鏡のようですね。
とても綺麗ですね!

施工後

完成です。

既存のタイルと同系色で、
シックで重厚感のある仕上がりとなりました。
Iさん、ありがとうございました。

塗替えをお考えの方は、ぜひ塗装職人専門店のリフォームパンセをお尋ねください。

無料お見積もりは今すぐお電話を。