外壁塗装に使用される塗料の種類とメリットについて福井の業者が紹介

「外壁塗装を考えているのだけれども、どのような塗料が使われているのだろう?」
「塗料の種類やメリットを知りたいな。」
外壁塗装をする際には、どの塗料を使うのかが悩ましいかもしれません。
もし使うのであれば、それぞれの種類やメリットを把握した上で、選びたいですよね。
今回は、外壁塗装に使用される塗料の種類とメリットについて福井の業者がご紹介します。

□外壁塗装に使用される塗料の種類とメリット

外壁塗装に使われる塗料は主に、7種類ほどあります。
アクリル塗料・ウレタン塗料・シリコン塗料・ラジカル塗料・フッ素塗料・遮熱塗料・光触媒塗料です。
これらは、使われている樹脂あるいは持っている性能から名前が付けられています。
それぞれの性質やメリットをご紹介しましょう。

*アクリル塗料

モルタルのひび割れに対応する塗料であり、特に発売当時は画期的な商品として重宝されました。
この塗料の最大のメリットは価格の安さです。
小規模な塗装の剥がれなどに有効で、とにかく安く済ませられます。
この塗料のもう一つのメリットは、透湿性が高いことです。
艶があることが原因で透湿性が劣る他の塗料とは異なるため、軒天などに使われることもあります。

*ウレタン塗料

アクリル塗料と比べて、値段が多少高い分、性能も上がっている塗料です。
耐久年数は6~10年ほどです。
柔らかく密着性に優れているのがメリットに挙げられます。
雨樋や破風板などの付帯部に使うと良いでしょう。
また、塗料の剥がれが気になる細部に利用するのもおすすめします。

*シリコン塗料

外壁塗装で最もよく利用されている塗料です。
アクリルシリコンと呼ばれていることもあります。
主成分はシリコン系樹脂で、非常に安定した性質がメリットです。
耐用年数が12~15年とある程度長い一方で、お手頃な価格であることから人気を得ていました。
汚れにくく高耐候性の高いものもあり、色は650種類から選べるのもメリットでしょう。

*ラジカル塗料

数年前、塗料業界に旋風を巻き起こす新勢力が登場しました。
それが、ラジカル塗料と呼ばれるものです。
これまでは、さきほどご紹介したシリコン塗料が9割ほどの利用率を占めていました。
しかし、2015年4月に新たに発売されたラジカル塗料は、その勢力図を変えるかもしれません。
この背景には、使われている塗料の性能で受けられる恩恵があります。
ラジカル塗料は、高緻密無機シールド層を持っています。
これは、ラジカルを抑制する効果があります。
ラジカルは、酸素・水・紫外線による塗膜の劣化のことです。
酸素・水・紫外線は、常に外壁が受けるものですよね。
塗料の性能によって、汚れにくく長持ちが期待できます。
650色から選定できる点もメリットで、人気が高まっている理由の一つでしょう。
価格自体は高めですが、シリコン塗料よりも性能は高いです。
さらに低価格になると、主力の座を奪うかもしれません。

*フッ素塗料

フッ素塗料の最大のメリットは、耐久性が高いことです。
工事を頻繁に行うのが難しい住宅や高層ビルの外壁塗装によく利用されています。
相場自体は高価なものの、耐用年数が15~20年と長いため、長期的な視点で考えると出費が抑えられます。
住宅の屋根に用いる場合でも高い効能が期待できますので、工事の頻度を下げたい場合にはおすすめです。
また、鉄骨や鉄琴コンクリートの建物と親和性が高いので、該当する家の方は検討されても良いかもしれません。

*遮熱塗料

耐用年数が15~20年くらいと塗料の中でも長持ちが期待できます。
遮熱塗料の大きなメリットは、太陽光からの熱をはじくことでしょう。
基本的に、太陽からの熱は屋根に蓄積され、家の中へと流れていきます。
夏の期間に、冷房を付け続けても家の中が冷えないのはこれが理由です。
しかし、屋根に遮熱性のある塗料が塗られていることで、太陽熱をはじいて外壁や屋根の表面温度を下げます。
その結果、室内の温度を保つため省エネにつながるかもしれません。
価格は若干高めですが、光熱費をこれまでよりも抑えられることが期待できるでしょう。

*光触媒塗料

遮熱塗料と同じく、こちらも耐用年数が15~20年くらいです。
光触媒塗料の特徴は、太陽の光で汚れを浮かすことです。
その結果、雨で汚れを洗い流せて、頻繁に掃除をしなくても美しい状態を保てます。
屋根は、掃除を行おうと思ってもなかなか手が届かないので大変かもしれません。
また、高所での作業は危険を伴うので、頻繁にするのも難しいですよね。
そこで、この塗料を使うことで、その手間やリスクを削減できます。
また、光触媒塗料には、空気を浄化する効能も持っています。
価格自体はまだまだ高価な印象ですが、自然のことも考えた未来の塗料として期待されています。

□まとめ

今回は、外壁塗装に使用される塗料の種類とメリットをご紹介しました。
値段・性能・耐久性の高さなど、それぞれにメリットがあります。
ご自身にとって魅力的な特徴を持つ塗料を選びましょう。

塗装だけではなく、お住まいに関することなら下記にお気軽にご相談ください!

ABOUT US
panse
昭和47年生まれ。社南小・至民中・科学技術高等学校卒業。塗装歴30年。大工歴25年。携わった工事は7000件以上。一級建築士。全日本ベスト塗装店賞・最高金賞2回・金賞6回受賞。日本建築塗装職人の会会長とも親交が深く、塗装業界からも頼りにされている存在。趣味は仕事。好きな食べ物は奥様の手料理とヨーロッパ軒のソースかつ丼。仕事に厳しく、自分に厳しい福井市が生んだ塗装・リフォームのカリスマ親方。
無料お見積もりは今すぐお電話を。