ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

外壁塗装の点検はドローンでできる?福井の専門家が解説!

こんにちは、塗装部・職長の三崎です。

福井ではまだごく一部ですが、ハイテク職人が外壁や屋根の塗装にドローンを活用するようになりました。
今回は、屋根工事にドローンを使用することはどのようなメリットやデメリットがあるのか、

また、ドローンの操縦に必要な許可証などもお話ししたいと思います。
屋根の塗装に興味のある方はぜひ一度目を通してみてください。

ドローンはどのように使用されているのか

外壁塗装や屋根の塗装を行う際は足場を組まなければいけません。
しかし、これには費用も時間もかかってしまいます。
そこで現在注目されているのがドローンを使用することです。
では、ドローンはどのように使用されているのでしょうか。

外壁塗装をする際、いきなり塗装を始めることはありません。
まずは外壁の劣化具合を診断します。
診断の結果によって塗装するかしないかを判断します。
この診断は基本的には目視によって行われますが、ドローンはここでの活躍が期待されてます。

高性能カメラを搭載したドローンであれば、目視の確認と同じように診断できると言えるでしょう。
また、赤外線カメラなどを使用することによって、人間の診断より精度をあげられるかもしれません。

ドローンの点検では、リアルタイムで状況を確認できます。
そのため、お客様と業者が一緒に確認でき、情報共有も容易です。
お客様も安心して工事を見守れるでしょう。

ドローンを使うことのメリットとデメリットは

ドローンを使用し、診断することのメリットとデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

*メリットについて

1つ目は、足場を組まなくて良いことです。
足場を組むと時間もお金もかかってしまいますが、ドローンを使うことによって足場を組む必要はありません。
そのため、短時間かつ低コストで作業を行えます。

また、従来の方法では塗装作業をする際、足場を組むことが難しい場面もありました。
しかし、ドローンであればその心配はなく、狭い場所や入り組んでいる場所でも簡単に高い場所の作業を行えます。

2つ目は、安全であることです。
これまでの診断では屋根などの危険な場所は正確な診断ができませんでした。
しかし、ドローンを使用することで危険な場所でも簡単で安全かつ確実に診断できるようになりました。
重要な箇所を見落としたまま工事を始めるということもなくなります。
また、作業員の落下事故を防ぐという大きな意味も持っています。

3つ目は、正確さです。
ドローンを使用することで、どの角度からでも建物の撮影を可能にします。
これによって、屋根全体の劣化や破損状況を正確に把握できます。
工事中の追加工事がなくなり、追加工事代の請求の心配もなくなるでしょう。

*デメリットについて

1つ目は、雨や風の強い日は飛行ができないということです。
防水仕様でないドローンでは、雨の日は操縦が不可能です。
また、風の強い日もドローンが飛行することは困難でしょう。

2つ目は、屋根内部を確認できないことです。
作業員の手で屋根をめくるなどの強度の確認ができないことはドローンでの塗装作業のデメリットといえるでしょう。

3つ目は、ご近所の方の反応です。
ドローンを飛ばして興味を示してくれる方ならば良いですが、カメラを搭載している機械が家の周りを飛んでいると不快に思われる方もいるでしょう。
また、家の窓が開いているとドローンの飛行音が騒音だと思われる方もいます。
そのため、近隣住民への配慮を忘れないようにしましょう。

ドローンは飛ばしてもいいの?

ドローンと聞くとあまり住宅街で飛ばしてはいけないとお思いの方も多いのではないでしょうか。
それは間違いではありません。
航空法によって人口集中地域と呼ばれるエリアはドローンが墜落した場合に人家を巻き込んだ事故になる可能性があるため、飛行の制限があります。

そのため、今回のように屋根の調査等で使用する場合は必ず事前に国家交通省に申請を行い、飛行許可を得る必要があります。
飛行許可が得られた場合に検査や塗装にドローンを使用できます。

また、ドローンを操縦するのは免許が必要だと思っていらっしゃる方もおられるのではないでしょうか。
ドローンに免許は必要ありませんがドローンの操縦に認定資格は存在します。
今回のように仕事でドローンを使用したいという場合には、このような認定資格を持っている業者が信頼できるでしょう。

認定資格を得るスクールには主に、DJI CAMP、DPA、JUIDAの3種類があります。
各々の特徴についてみていきましょう。

DJI CAMPは豊富な飛行データや安全性に関する知見を踏まえたカリキュラムを学べます。
DPAは実技に力を入れているのが特徴で、習得できる知識と技術の水準が最も高い資格です。
JUIDAは座学に力を入れているため、ドローンの操縦のみならず安全運行管理などの知識を持っていることを証明できます。
これらの資格を判断基準として依頼するのもいいでしょう。

まとめ

今回は外壁や屋根の塗装でのドローンの活躍についてご紹介しました。
自分の目で確認することが難しい場所でもドローンを活用することによって確認できます。

パンセではドローンによる屋根調査を無料で診断できます。
福井で屋根調査に興味のある方はぜひ私たちリフォームパンセにお尋ねくださいね♪

お問合せはこちらからどうぞ!

この記事は、塗装技能士・職長 三崎涼介が責任を持って書きました。

無料お見積もりは今すぐお電話を。