ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

外壁塗装会社の選び方!悪徳業者を見分ける方法とは?

皆さんは、外壁塗装の塗り直しをされる際に、どのような点に気を付けますか?
「耐久年数が長い塗料にしたい!」「外壁の色にこだわりたい!」といったことを希望される方もいらっしゃるでしょう。
 
それと同時に、「外壁塗装の会社選びに失敗したくない!」と考えていらっしゃる方も多いでしょう。
実際に会社選びに失敗してしまうと、手抜きの作業をされてしまい、塗り直しを余儀なくされてしまうかもしれません。
 
そのような事態を避けるためには、悪徳業者の特徴やどのような点に気を付けて会社を選べばよいかを知っておく必要があるでしょう。

悪徳業者の特徴とは?

悪徳業者が存在する理由として、一般の方の多くは外壁塗装についての知識があまりないということが挙げられます。
ここで悪徳業者について知っておきましょう。
 
それでは悪徳業者には、どのような特徴があるのかご紹介いたします。
 
・手抜き工事をする
一般の方は手抜き工事をされても気がつきません。手抜き工事に気づかない理由としては、工事をした直後は、外壁がきれいな状態に見えやすいからです。
ただ、時間が経つにつれ塗装が剥がれたり、チョーキング現象が起こったりします。
 
そもそも、優良業者だと耐久性の向上や仕上げのために上塗りをします。
しかし、その上塗りを業者がしているのかを一般の方が確かめるのは、難しいのです。
 
・高額な料金を要求する
皆さんは外壁塗装の料金の相場をご存知ですか?
日常生活の中で、外壁塗装の料金の相場を知る機会はあまりないでしょう。
それは悪徳業者にとって、高額な料金を要求するのに好都合なのです。
 
・必要以上に不安を煽る
悪徳業者は異常がない場合でも、工事をすべきということを主張してきます。
さらに、ひどい場合だと、異常がない場合には自分たちで異常現象を意図的に作り出してくることもあります。

会社の選び方とは?

会社を選ぶ際に気を付けてほしいことがあります。
それは、業者に制度が整っているのかということです。
 
・アフターケア制度
アフターケアがあることによって、外壁に異常が見つかった際に対応してもらえるので、とても重要な制度です。

・保証制度
保証制度は自分たちの仕事に責任を持っている証拠とも言えます。
さらに、保証制度があると安心感を得られるでしょう。
 
 
この記事では、悪徳業者の特徴との会社の選び方についてご紹介いたしましたが、いかがでしたか。
会社選びは、外壁塗装を成功させるための重要なことです。この記事の内容を参考にして悪徳業者に騙されず、優良業者を選んでください。

無料お見積もりは今すぐお電話を。