ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

屋根塗装で雨漏りは直せる?実際はどうなのかを福井の業者が解説

「屋根を塗装することで雨漏りが直せると聞いた。」
「実際はどうなのかを知りたいな。」
外壁塗装や屋根塗装をする際には、その機能が気になりますよね。
屋根塗装の効果でよく出てくる話の一つに、雨漏りの解消があるかもしれません。
実際に塗装をする際には、どのような効果が見込めるのかを知っておきたいものです。
そこで今回は、屋根塗装の効果について福井の業者がご紹介します。

□屋根塗装で雨漏りは防げるのか?

屋根塗装によって、雨漏りが解消できる話を聞いたことがあるかもしれません。
たしかに、屋根を塗装することで、防水性の強化は期待できます。
しかし、結論から申し上げますと、雨漏りを防げません。
なぜなら、雨漏りを引き起こす部分と塗装している部分が異なるからです。
屋根も外壁も、雨水が侵入すること自体は避けられません。
その侵入した雨水をどう逃がすのかがポイントです。
屋根には二種類の防水材が存在します。
カラーベストなどの屋根仕上げ材が一次防水と呼ばれ、アスファルトルーフィングなどが二次防水と呼ばれます。
一次防水で処理しきれない水を二次防水で防ぐ仕組みなのです。
しかし、雨漏りが起こっているときには、この二次防水が破損していることが多いです。
一方で、塗装する部分は一次防水の機能を持つ部分です。
塗料を塗ったからといって、二次防水を強化できるわけではありません。
そのため、屋根塗装で雨漏りは防げるとは限らないのです。
もし雨漏りを防ぐことを目的に塗装されるようでしたら、下地の修理をおすすめいたします。
二次防水を補修して、同時に一次防水も強化すると、雨漏りの被害を改善できるでしょう。

□屋根塗装をすることによって期待できる効果

雨漏りを防ぐことが難しいのであれば、効果がわからないかもしれません。
そこでここからは、屋根塗装をすることによって期待できる効果をご紹介します。
期待できる効果は主に、美観の回復・屋根材の保護・遮熱機能の付加の三つです。

*美観の回復

屋根を見て、何となく汚れていると感じたことがあるかもしれません。
風や雨などによって、様々なゴミが飛来して溜まっていることもがあります。
また、湿気が多い時期などには、カビやコケが発生します。
もちろん屋根材は水をはじくように工夫されていますが、長く続くわけではありません。
経年劣化によって耐水性が低下すると水はけも悪くなります。
つまり、カビやコケが生息しやすい場所なのです。
カビは黒ずみに、コケは暗い緑色に見えて、見た目もあまり美しくはありません。
そこで、屋根塗装によってその美観を回復できます。
塗装の前には、高圧洗浄で汚れなどを取り除く作業を行います。
その上で新たに塗料を塗りますので、新築に近い美しさを生み出せるのです。

*屋根材の保護

屋根は家屋を守る重要な役割を果しますよね。
その分、常に様々な影響を受けています。
たとえば、雨が降ることで水が当たり続けますよね。
雨水そのものは小さいですが、それが何度もぶつかることで少しずつ擦り減っていきます。
また、風が吹いてものが飛来することもあるでしょう。
さらには、地面からの細かな振動を受けていることもあります。
こういった影響から、少しずつ傷みが生じるのです。
そこで、屋根を保護するために塗料を塗ります。
コーティングをイメージするとわかりやすいかもしれません。
屋根材の外側から、衝撃などを防いで劣化の進行を止められます。

*遮熱機能の付加

屋根は外壁よりも、雨水のみならず太陽光にもさらされています。
空から降り注ぐものを直接受ける場所なので、それだけ熱も集まりやすいです。
しかし、遮熱機能を持っている塗料を塗ることで、より熱に強い屋根にできます。
なぜなら、遮熱塗料には太陽光からの熱をはじく性能があるからです。
基本的に、太陽からの熱は屋根に蓄積され、家の中へと流れていきます。
夏の期間に、冷房をつけ続けても家の中が冷えないのはこのためです。
そこで、屋根に遮熱性のある塗料が塗られると、太陽熱をはじいて外壁や屋根の表面温度を下げます。
その結果、室内の温度を保つため省エネにつながるのです。
価格は若干高めですが、光熱費をこれまでよりも抑えることが期待できるでしょう。
特に、金属の屋根・吹き抜けの天井・三階建ての住宅などは暑くなりやすい家です。
これらは屋根が熱を帯びやすい、あるいは熱が循環しやすい特徴を持っています。
該当する場合には、遮熱機能を塗装によって付加することをお考えになられても良いかもしれません。

□まとめ

今回は、屋根塗装の効果をご紹介しました。
屋根塗装には雨漏りを完全に防ぐ効果は期待できません。
しかし、屋根材を保護し、美観を回復するために塗ることが大切です。
また、遮熱機能のある塗料を塗ることで、熱に強い住宅が期待できます。
特に汚れや破損が見られなくても、十年ほど触っていない場合には、屋根塗装を検討されることがおすすめです。

塗装だけではなく、お住まいに関することなら下記にお気軽にご相談ください!

無料お見積もりは今すぐお電話を。