ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

福井で外壁塗装にお悩みの方へ!塗り替えのメリットやデメリットをご紹介します!

・福井の皆様、こんにちは。
福井、鯖江で外壁塗装屋根塗装施工数実績ナンバーワンの地元福井の塗替専門店ペイントパンセ、塗装職人の三上浩平です。
この記事は塗装職人の私、三上浩平が責任をもって書かせて頂きました。
工事は信頼と実績、そして建築士と建築施工管理技士、塗装技能士が在籍している地元のお店、
ペイントパンセへご依頼くださいね♡

「外壁塗装を行うメリットとデメリットが知りたい」
「10年に一度は外壁塗装をした方がいいと聞くけど、本当かな」
外壁塗装を行うかどうか、迷うことがありますよね。
外壁塗装を行うメリットが思い浮かばない方もいらっしゃるかもしれません。

しかし実は、外壁工事を定期的に行わないと、お家がかなりのリスクにさらされる可能性があるのです。
そこで今回は、外壁塗装を行うメリットとデメリットについてと、行わないことで訪れるリスク、外壁塗装の工程の流れ、外壁塗装を依頼するにあたっての注意点の5つを順に説明していきます。

□外壁塗装のメリットについて

最初に外壁塗装を行うメリットについて、説明します。

まず、建物の外観が良くなります。
外壁は経年劣化するとゴミや汚れが付着しやすくなり、汚れが目立ちやすくなります。
また、外壁自体もそのまま放置していると表面の塗膜が劣化していきます。
塗膜の劣化や汚れは外観の美しさを損ね、建物自体の価値が低く評価されることに繋がりかねません。

定期的に外壁塗装のメンテナンスを行うことで、見た目の美しさを維持し、建物全体の資産価値を保てます。
また、塗装しなおすことで、雨水だけで汚れが落ちるセルフクリーニング効果が期待できます。

次に、耐久性の向上が見込めます。
外壁の塗膜がしっかり雨風や紫外線をカバーできる状態に保つことで、外壁や家全体の素材を守り、建物の耐久性を上げられます。

また、省エネ効果もあります。
外壁塗装で壁のひび割れや亀裂をなくすことで遮熱性が高まり、無駄な電気の使用を防げます。

さらに、防水・防湿効果もあります。
外壁からの雨漏りを防げるので、雨漏りや湿気による建物の腐敗や劣化を抑え、家を長持ちさせられます。
同時にカビの発生も抑えられるので、アレルギーの発生を防ぐ効果もあります。

□外壁塗装のデメリットについて

では、逆に外壁塗装のデメリットは何なのでしょうか。

あえて挙げるとするならば、数年~10年単位で塗り替えが必要なことです。
確かに定期的にコストがかかるのは、短期的な目で見ればデメリットかもしれません。

しかし家の快適性や長期的なコストを考えるなら、外壁塗装をした方が良いです。
次の章では、外壁塗装をしない場合のリスクについて説明します。

□外壁塗装をしないリスクについて

*建物の劣化が進行する

外壁は雨や風、紫外線、台風、地震などといった自然によるダメージの蓄積が日々起こっています。
私たちをそんな厳しい自然から守っているのは主に外壁であり、その外壁が劣化し保護機能を失っていくと、外壁の下の素材までもがボロボロになっていきます。
そうなってしまうと、修繕する際に大幅な手間とコストがかかることになります。

劣化が起こる代表的な例として、雨漏りが挙げられます。
雨漏りは屋根から起こるイメージが強いですが、実は外壁が劣化して隙間ができて雨漏りを起こすケースも多いです。

雨漏りが起こった際は、木材が腐ったり、金属が錆びたり、シロアリが発生することで家の強度が下がる可能性が考えられるほか、電気設備に浸水し、感電事故が起こる危険性もあります。

ここまでくると、家を修繕するか取り壊す選択肢しかなくなってしまいます。
補修費用は外壁工事の料金よりも大幅に高くなってしまうため、快適な家に住み続けるためにも、定期的な外壁塗装をおすすめします。

□外壁塗装工事の流れについて

メリットデメリットが踏まえたうえで、外壁塗装を検討する際には、工程の流れを把握しておくのがおすすめです。
そこで次に、外壁工事の流れを説明します。

最初に、足場を組み立てます。
質の良い塗装を安全に行うためにも、この工程は外せません。
同時に塗装の飛び散りを防止するため、メッシュシートで建物を覆います。

足場の組み立てには大きな音が発生し、ご近所さんから苦情が入る可能性があります。
そのため外壁工事を行う前に、ご近所さんへの挨拶周りをすることをおすすめします。

次に、塗装する外壁に高圧洗浄を行います。
この工程には、外壁についた汚れを落とすだけでなく、威力の強い高圧洗浄機を使うことで古い塗装を削り落とす役割があります。
古い塗装を削り落とさないままに塗装を行うと、塗装がはがれやすくなってしまいます。

その次は、下地の処理・調整を行います。
塗料を塗る前に、ヒビなどの補修をして表面をきれいにする工程で、塗膜の持ちを良くする目的があります。

下準備の最後には、養生を行います。
塗料が外壁以外に付かないよう、サッシやドア周り、エアコン、草木、花壇、車などを保護します。

そして塗装の第一段階、下塗りを行います。
塗装は基本的に3回行われますが、下塗りはもっとも重要な塗装です。
「シーラー」という接着剤が用いられ、外壁と塗料の接着力を上げ、外壁材への塗料のしみこみを抑える役割を担います。

次に中塗り、上塗りが行われます。
上塗り1回目、上塗り2回目と呼ばれることもあります。
ともに同じ塗料が用いられるのですが、2回に分けて塗るのは均等にムラなく塗るためです。

足場を解体する前に、塗料の塗り残しや、拭き残しがないかを確認します。
また養生していた部分も、飛び散りやはみだしがあれば、シンナーを用いて落とします。
どんなに丁寧に作業していても、塗り残しが見つかることがありますので、こちらも大切な工程です。
家主の方も何か気になる点などがありましたら、遠慮なくお伝えください。

□外壁塗装における注意点について

最後に、外壁塗装における注意点を説明します。
それは「業者選びを間違えると、外壁塗装の意味がなくなってしまう」ということです。
外壁塗装にはたくさんのメリットがあるとお伝えしましたが、外壁塗装業者が適切な塗装を行わなかった場合、またすぐに外壁の劣化が始まってしまう結果になりかねません。

そこで、この章では優良な業者を見分けるポイントを紹介していきたいと思います。

*技術力が高く、知識が豊富な職人がいる業者を選ぶ

最も重要なのが、職人の塗装に対する知識と技術力です。
これらが不足していると、塗料の性能を十分に生かすことができず、外壁の劣化が早まってしまいます。

職人の知識や技術を判断する基準としては、建築や塗装関連の資格を持っているかを見るようにしましょう。
当社では、自社職人をコストをかけて育成し、一級塗装技能士資格などの専門の資格を持った職人も多数在籍しております。
加えて、中には建築士の資格を持った職人も在籍しているため、外壁以外の建物の痛みの原因も見つけ出すことができます。

*業者の塗装実績を見る

これまでの施工実績や、塗装に関する賞の受賞履歴は、優良な業者を見分けるポイントになります。
施工実績は、その地域の人々に信頼され、施工をお任せしていただく中で積み重ねたものです。
当社の施工実績は6000件を超え、全日本ベスト塗装店最高金賞を過去に2度受賞しています。
そういった実績は誤魔化しがきかないものなので、注目して見てみてください。

□まとめ

今回は外壁塗装のメリットとデメリット、外壁塗装を行わないことによるリスク、作業工程、依頼する際の注意点の5点についてお話しさせていただきました。
家を長持ちさせ、快適性を保つために、定期的に外壁塗装を行うことをおすすめします。

当社は、自社に職人が所属していたり、営業を元職人が担当したりするのが特徴です。
営業に特化した会社に比べて、全てを自社職人に任せることで施工の質を担保しつつ、コストが抑えられます。
また、職人会社と比べても、当社は外注の仕事が少ないため、過去の施工を通じて技術力の向上ができています。
福井で外壁塗装をお探しの方は、ぜひ当社へお気軽にお問合せください。

無料お見積もりは今すぐお電話を。