福井で外壁塗装をお考えの方必見!シリコン塗料について徹底解説します!

福井の皆様、こんにちは。
福井、鯖江で外壁塗装屋根塗装施工数実績ナンバーワンの地元福井の塗替専門店ペイントパンセ、塗装職人の三上浩平です。

福井県在住で
「シリコン塗料に興味があるが知識が無くて困っている」
「自宅の外壁にシリコン塗料を使うべきか分からない」
このような悩みを持たれている皆様の悩み解決に向けて、シリコン塗料の基礎知識とメリット・デメリットについてご紹介します。
お客様の塗装選びに是非役立ててください。

□外壁塗装におすすめのシリコン塗料の基礎知識についてご紹介します!

シリコン塗料とは何か・耐用年数はいくらか・塗料の性質・人気な理由の4点について解説します。

まずシリコン塗料とは、シリコンを樹脂の主成分に用いた塗料を指します。
実際のところ、シリコンだけでなくアクリルも主成分の一つであるので、正式名称はアクリルシリコン塗料になります。

続いて、耐用年数についてです。
屋根塗装を行う場合は8年から12年、外壁塗装を行う場合は10年から15年が目安となっています。
住宅用塗料には大きく分けて4種類、アクリル塗料・ウレタン塗料・シリコン塗料・フッ素塗料がありますが、この4種類の中で2番目に長い耐用年数を持つ塗料です。

次に、塗料の性質についてです。
この塗料は大きく分けて3つの性質を持っています。
1つ目は汚れが落ちやすい性質で、2つ目は他の塗料に比べて燃えにくい性質、3つ目は、ツヤが映える性質です。

最後に、この塗料が人気な理由についてです。
シリコン塗料は、価格と耐用年数のバランスが取れている、つまりコストパフォーマンスが高いため人気を博しています。
塗料選びに迷った時はシリコン塗料を選ぶと失敗する可能性が少ないです。

余談にはなりますが、シリコン系塗料を利用した騙しの手口が横行しているので注意してください。
標準の耐用年数よりも低い、品質の劣ったシリコン塗料を使って、本来の価格よりも高額な塗料代を請求してくる業者がいます。
このような業者の悪徳手口に引っかからないようにするためにも、信頼できる業者に依頼すること・塗料を契約する前に注意確認を怠らないことを徹底してください。

□シリコン塗料のメリットについてご紹介します!

シリコン塗装には大きく分けて6つのメリットがあります。

1つ目は、コストパフォーマンスに優れていることです。
値段の割に、長く使える点が魅力的な要素として挙げられます。
耐用年数が8年から15年ほどありますが、これと同じ年数帯で比べると他の費用よりも価格が安くなっています。
大変魅力的な塗料であるため、機能性塗料がいらない場合はシリコン塗料をすすめる業者が大半を占めています。

2つ目は、ウレタン塗料やアクリル塗料に比べて格段に長く使えることです。
ウレタン塗料やアクリル塗料よりも、およそ1.5倍長く使えます。
単価だけを見ると双方に比べて値が張りますが、使える年数を考慮して考えるとシリコン塗料の方がおすすめです。
紫外線にもめっぽう強いので、太陽光が当たる場所での使用に適している塗料でもあります。

3点目は、塗膜が非常に汚れにくいことです。
シリコン塗料は、物を弾く性質である撥水性を持ち合わせています。
汚れが付きにくい特性も併せ持っているので、ホコリや雨水を弾き、きれいな塗膜を長い間維持できます。

4つ目は、高温状況に耐えられることです。
約600度の環境でも耐えられるため、高温地域でも使用できます。

5つ目は、塗膜のツヤの維持率が高いことです。
調査によると、ウレタン塗料に比べて、シリコン塗料の光沢保持率はおよそ2割高いという結果が出ています。
ツヤを長時間維持できる点が大きな魅力です。

6つ目は、多数の種類から塗料を選べることです。
水性1液型、溶剤液1液型、溶剤液2液型の全部で3種類から選べます。
そのなかでも選択率が高いのは水性1液型です。
扱いにくい点が課題ですが、高い効果を得られるのは溶剤液2液型ですので、使用用途に適した塗料をお選びください。

□シリコン塗料のデメリットについてご紹介します!

ここまでシリコン塗料のメリットについてご紹介しましたが、実はデメリットもいくつか存在します。
シリコン塗料には大きく分けて4つのデメリットがあります。

1つ目は、他の塗料に比べて扱いにくいことです。
シリコン塗料は他の塗料に比べて低粘度です。
そのため顔料が沈殿しづらく、頻繁に撹拌して使う必要があるので、使用する際に非常に手間がかかります。
加えて付着しづらい性質もあるのでDIYには適していません。

2つ目は、塗り替えや重ね塗りに適さないことです。
撥水性が高いために、付着しづらい性質があり、塗り替えを行う際に密着が悪くなります。
フィーラーやシーラーを適切に塗布することでこの状況は改善します。
シリコン塗料の重ね塗りを依頼する際は、信頼できる業者に頼んでください。

3つ目は、ウレタン塗料やアクリル塗料よりも価格が張ることです。
双方よりも値が高く付くのでDIYで購入し難いです。
一方で、使用できる年数は双方よりもシリコン塗料の方が圧倒的に長いです。
値段以上の効果を期待できるため価格が高いから駄目といったこともありません。

4つ目は、ヒビが入りやすいことです。
塗った直後は大丈夫ですが、10年ほど経過すると塗膜が固くなるため、ヒビ割れやすくなります。
地震をはじめとして、大きな力がかかった時にこの現象が起きやすくなるので注意しましょう。

□外壁塗装にシリコン塗料をおすすめしたい人についてご紹介します!

大きく4種類の方におすすめしたい塗料です。

1つ目は、価格と耐久性のバランスを重要視されている方です。
シリコン系塗料はおよそ8年から15年間使用できます。
この年数は、他の塗料の平均的な耐用年数よりも長く、美しい外観を維持し続ける可能性が大いにあります。
ウレタン系塗料やアクリル系塗料と比較すると値段は高くなりますが、シリコン塗料の高品質さや耐久性の高さを考慮すると、双方よりも優れていることがわかります。

長期的な目で見ると、光触媒や断熱性といった特別な機能を欲していない方に最適な塗料です。

2つ目は、長期的な目で見た時にトータルコストを抑えたい方です。
多数ある塗装の中でアクリル塗料やウレタン塗料に次いで価格が低いのがこの塗料で、ウレタンと比較するとおよそ1.5倍長く使用できます。
長期的に考えた時、シリコン系塗料は最もコストパフォーマンンスの高い塗料です。
目先の費用の安さで選ぶのではなく、かかるコスト全体を見渡したうえで塗料選びを行うようにしましょう。

3つ目は、ツヤ感のある外壁にしたい方です。
シリコン系塗料は、そのツヤが長続きしやすく色あせも起こりにくいので、その美しさを長時間維持できます。
美しさを長続きさせられる反面、フッ素系塗料が醸し出す高級感あふれる質感を創出することは難しいので、お客様の好みの仕上がりに合わせて塗料を選ぶようにしてください。

4つ目は、外壁の手入れや掃除にかかる手間を減らしたい方です。
シリコン系塗料は防汚性に長けているので、汚れが付きにくく、付いたとしてもちょっとしたお手入れで簡単に落とせます。
掃除や手入れの時間を省いて他ごとに時間を割きたい方にとっては、大変おすすめな塗料です。

□まとめ

ここまで、福井県で外壁塗装をお考えの方に向けて、シリコン塗料の基礎的な知識とメリット・デメリットをご紹介してきました。
お客様のご理解は深まったでしょうか。
使用用途や重要視するポイントを予め定めたうえで、長期的な目線からシリコン塗料を選ぶようにしてください。

この記事は塗装職人の私、三上浩平が責任をもって書かせて頂きました。
工事は信頼と実績、そして建築士と建築施工管理技士、塗装技能士が在籍している地元のお店、
ペイントパンセへご依頼くださいね♡

今すぐお電話をする