ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

福井の外壁塗装業者が外壁の人気色について紹介します!

福井で外壁塗装を検討していて、外壁の色選びに悩んでいる方はいませんか?
外壁の色選びではさまざまなポイントを意識しないと、失敗して汚れが目立ったり、周囲から浮いたような家になる可能性があります。
そこで今回は外壁塗装の色選びのときに知っておくべきポイントを解説します。

□外壁塗装で人気の3つの色とは

外装塗装で人気の色を紹介します。
まず最も人気なのはベージュ系です。
外観に落ち着きを与えシンプルなため、他の色との相性も良く住宅街の中でも浮きません。
汚れも目立ちづらいというメリットをもっています。

2番目に人気の色はグレー系です。
白と黒の中間色なので他の色とも合わせやすく、汚れも目立ちません。
ベージュが暖かい雰囲気をもつ一方で、グレーはクールな雰囲気をもっています。

3番目に人気の色は茶系です。
黒っぽい濃い茶色も薄い茶色もありますが、増加しているレンガ調のタイルが茶系であるのが影響しているため薄い茶色が特に人気です。

茶色は土や木といった自然を感じられる色で、落ち着きと大人びた雰囲気を作り出すので飽きもこないでしょう。
グレーと同様に汚れが目立ちにくく、他の色との相性の良さから外壁に適しています。

□外壁の色選びのポイント

外壁の色選びのポイントは以下の5つがあります。

1つ目は周囲の建物や街の景観とマッチした色を選ぶことです。
外壁の色を決める際は、自分の家だけを見るのではなく街並みの一部として見ましょう。
周囲の景観を意識しないと、完成後に周囲から浮いた家に見えてしまう可能性があります。
必ずしも周囲の色に合わせる必要はなく、系統を寄せるなどして失敗を防ぎましょう。

2つ目は家の全体のバランスから考えることです。
家の全体のバランスから外壁の色を決めましょう。
色の組み合わせではベースカラーとアソートカラー、アクセントカラーの面積比を考えることが重要です。
ベースカラーは外壁の基本になる色で、アソートカラーはベースカラーに調和する色で、アクセントカラーは外壁にアクセントを入れる色です。
全体のバランスは7割をベースカラーにして、その他をアソートカラーとアクセントカラーにあてましょう。

3つ目は汚れやすい色、色あせやすい色を知ることです。
外壁の色を選ぶには汚れが見えづらい色を選ぶことも重要です。
グレー系やベージュ系は汚れと同化することで、汚れを目立ちづらくする色なので汚れやカビによって見栄えが悪くなるのを防げます。
長期間塗り直しをせずにいると、色あせを起こす色もあるので汚れづらさに加えて色あせがしづらい色も選んでおくと良いでしょう。

4つ目は実際に塗装するのを想像することです。
実際に塗装してみると、同じ色を塗っても外壁の素材などの要因によって違う色に見えることもあります。
色の見本で見る色よりも、実際の外壁は色の印象が強くなると考えて色を選択しましょう。
またツヤ感によっても印象が大きく変わります。
ツヤ感が強ければ光沢が目立つようになり見栄えが輝くようになりますが、一方でツヤ感が弱ければ重々しさが出て、落ち着きを与えます。

5つ目は面積効果を考えることです。
面積の変化によって、色の見え方は大きく変化します。
塗料メーカーで見られる色見本は面積が小さく分かりづらいですが、一方で大きな色見本を見ると明暗がより強調されて見えることを把握しておきましょう。
塗装後に完成のイメージが違ったということにならないように、できるだけ大きな見本で確認することをおすすめします。

□カラーシミュレーションで色を決めるときの注意点

カラーシミュレーションで色を決めるときに、注意が必要なポイントを以下で説明します。
1つ目は実際に外壁に塗るときとの色の見え方の違いです。
シミュレーションと実際の外壁の色では見え方が変わります。
色の面積の違いや、太陽光の影響、外壁の模様やツヤ、パソコンの画面の映り方などさまざまな要因によって色の見え方が異なるので注意しましょう。

2つ目は外壁や屋根の質感を再現できないことです。
カラーシミュレーションはパソコンの画面なので、実際の外壁の質感を完璧には再現できません。
ツヤの有無の再現も難しいので、実際の外壁を見ながらイメージするしかありません。

3つ目は街の外観との相性が考慮されていないことです。
カラーシミュレーションでは周囲の街並みが入っていません。
カラーシミュレーションでは完璧にできても、いざ塗装してみると周囲から浮いてしまっている可能性があります。
実際の周囲の街並みも見ながら決めましょう。

□まとめ

今回は外壁塗装の色を選ぶ際に意識すべきポイントについて解説しました。
周囲の街並みとの相性や、色の組み合わせなどさまざまな要素を意識する必要があります。
またカラーシミュレーションだけでなく、実際の外壁も見ながら色を選ぶことが重要です。
外壁塗装を色を選ぶ際に、是非今回の記事を参考にしてみてください。

無料お見積もりは今すぐお電話を。