ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

落ち着いた雰囲気に・・・福井市中野町 M様

施工場所福井市中野町
施工内容外壁塗装リフォーム
工期40日間
費用220万円
塗料プレミアムペイント
シャングリラex(フッ素)

リフォームのきっかけ

リフォームをしたい箇所が沢山あったので、パンセに相談しました。

お客様のお悩み

色褪せも目立ってきたのと、塗膜が浮いて、剥がれてきていたので、気になっていました。
傷みが酷くなる前に、相談し、直すことができてよかったです。

施工前

塗装前の外観です。
雨による変色や、全体的に色も褪せてきており、
少し古ぼけた印象に映ります。

塗装の皮膜が浮いている箇所がありました。
塗料をしっかり落としてから塗装に入ります。
この浮いている皮膜を放っておくと、
雨水が入り、建物本体に水が入り劣化に繋がりますので
しっかりと確認し、塗装します。

外壁の塗料が捲れている箇所もありました。
こちらも皮膜を取ってから塗装します。

軒天の雨染みも発見しました。

縁側の屋根も、木部の色はげが激しいですね。
こちらも、見違えるように綺麗になります。

施工中

一日目。
仮設足場を組立てます。
雨の日の作業でしたが、無事終了しました。

飛散防止ネットを張りました。
風が強い日は、ネットを捲ります。

物置も養生し、準備は完璧です。

ひび割れを発見しました。
塗装に入る前に、外壁の補修を先に行います。

↓に続きます。

コーキング材で、割れ目を丁寧に埋めていきます。
細かい作業になりますが、ここをきちんとしておかないと、
塗装の仕上がりに影響します。

↓に続きます。

外壁の補修完了です。
さて、次の工程では 水洗いが終ったあとに
下塗りに入っていきます。

庇部分の下塗りです。
下塗りも丁寧に塗装します。

庇部分の下塗りが完了しました。
綺麗に塗り上がりましたね。

次は外壁の下塗りです。
今回、M様のお宅は白っぽい仕上がりになりますので
下塗りは、ホワイトで塗装します。
女性のお化粧と同じく、下地は仕上がりを左右します。
下地が一番大事ですね。

外壁の下塗りが完了しました。

外壁と庇部分の下塗りが終りました。
こちらも綺麗に塗りあがっていますね。
次は中塗りの工程に移ります。

中塗りの前に、木部・破風板の塗装にかかります。
破風板・鼻隠しが綺麗に塗装されると、
建物全体が引き締まります。

破風板・鼻隠し部分もしっかり塗装する
ことが、綺麗な仕上がりに繋がります。

玄関の下屋の箇所の木部の塗装に入ります。
木の部分は、塗装の傷みが激しいので、
下地を綺麗にしてからの塗装となります。

塗装が完了しました。
上の写真と比較してみてください。
かなりの差がありますね。

同じく、丸太も塗装していきます。
ムラが目立ってきています。

比較にならないくらい、綺麗になりましたね。

玄関脇の木の格子です。
こちらは、格子の目の間隔が細かいので、
細い刷毛で塗装していきます。

一転して、格子が明るくなりましたね。
これでお客様をお迎えする準備は万端ですね。

さて、中塗りの作業に入ります。
ローラーでひと塗りひと塗り、丁寧に塗ります。

中塗りが完了しました。
下地が綺麗だけに、中塗りも綺麗ですね。

途中、雨戸も塗装します。

外壁の付梁・木部の塗装です。
こちらも、破風板 鼻隠し同様、建物の引き締め効果がありますので、
きっちり塗装します。

外壁と付梁の境目の箇所です。
養生を外したばかりの箇所は、ラインが
寄れていて、綺麗とは言えません。
↓続きます。

これを、すっきり綺麗に一直線のラインに仕上げます。
これが、パンセ 自慢の塗装職人の技です。

塀の下塗りを始めます。
玄関前の塀なので、仕上がりが目立ちます。
外壁と同じように丁寧に塗装します。

中塗りをしています。
外壁と同じ色で塗装していきます。

道路側の塀(表)の上塗りです。

もちろん、塗りムラもなく、とても綺麗です。

仮設足場の解体をして、塗装の仕事は終了です。

施工後

青い空に栄える、優しい風合いの外壁になりました。
塀も、とても綺麗ですね!

ご近所との調和も取れ、
素敵なお住まいになりましたね。
Mさん、ありがとうございました。

塗替えをお考えの方は、ぜひ塗装職人専門店のリフォームパンセをお尋ねください。

無料お見積もりは今すぐお電話を。