雨漏りが不安な方へ!福井の塗装のプロが外壁塗装の重要性をご説明します!

・福井の皆様、こんにちは。
福井、鯖江で外壁塗装屋根塗装施工数実績ナンバーワンの地元福井の塗替専門店ペイントパンセ、塗装職人の三上浩平です。
この記事は塗装職人の私、三上浩平が責任をもって書かせて頂きました。
工事は信頼と実績、そして建築士と建築施工管理技士、塗装技能士が在籍している地元のお店、
ペイントパンセへご依頼くださいね♡

最近、相次ぐ異常気象により住宅の傷みが激しくなったことで、雨漏りでお悩みの方が増えています。
雨漏りは発生すると、その被害範囲をどんどん拡大していき、二次被害を引き起こすおそれがあります。
そのため、雨漏りを発見したら早急に対処する必要があります。
そこで、今回は福井にお住まいの方に向けて、外壁塗装の重要性について詳しく紹介します。

□外壁から雨漏りが発生する原因について

屋根ではなく、外壁から雨漏りすることに疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
雨漏りと聞くと天井から、とイメージされる方が多いですが、それは屋根が常に紫外線や雨風などの厳しい自然環境にさらされていることによって、外壁よりも劣化が早いからです。

しかし、外壁からも雨漏りが発生することがあります。
それには、2つの原因が考えられます。

1つ目は、メンテナンスを怠ったことです。
新築時の住宅には、塗装の効果によって防水機能が備わっています。

ただし、たとえどんなに優れた塗装を施していたとしても、時間の経過とともに防水機能が徐々に損なわれていきます。
このとき、定期的なメンテナンスを行えば、本来の機能を取り戻せます。

しかし、それを怠ってしまうと、劣化が激しい部分から雨水が浸入して、雨漏りの原因となってしまいます。

2つ目は、自然災害によるダメージです。
台風や洪水などの災害によって、外壁がダメージを受けることもあります。

例えば、台風で雨どいが壊れたり、暴風で飛んできた飛来物が壁にぶつかったりした結果、雨漏りが発生することがあります。

□外壁からの雨漏りで雨水が浸入する場所と補修方法について

*サッシ

窓枠として用いられるサッシは、そのまわりに充填されているシーリング材が傷んだり、釘やビスなどが緩んだりすると、雨水が浸入してしまいます。

補修方法には、シーリング材の増し打ち、または打ち替えがあります。

*シーリング材の劣化

外壁材の隙間に充填されているシーリング材が劣化すると、そこから雨水が浸入するケースもあります。
時間が経つと、シーリングはひび割れや剥がれが起きてしまい、その結果隙間ができてしまいます。

補修方法は、古くなったシーリング材を取り除き、新たに充填することで隙間を埋めます。

*ひび割れ・反り

外壁塗装は時間の経過とともに劣化が進行していきます。
そして、劣化症状としてひび割れや反りが生じることがあります。
モルタルの外壁に発生しやすいひび割れや、窯業系サイディングの反りなどは雨水が浸入しやすいです。

補修方法としては、モルタルの外壁の場合はひび割れの箇所にシーリング材を充填します。
窯業系サイディングが反りで変形している場合は、それが軽度の反りであればビスを打ち込み、固定します。

*水切り金具の不具合

雨水の浸入を防ぐため、住宅のさまざまなところに水切り金具が使用されています。
この水切り金具の不具合によって雨漏りが発生することもあります。

補修方法としては、水切り金具の固定が不安定な場合は、しっかりと固定させます。

*ベランダの防水層の劣化

ベランダの防水層が劣化すると、そこから雨水が侵入して、外壁に雨漏りの被害を及ぼします。
こういった状況では、原因がベランダと外壁のどちらにあるのかを特定するのが困難になり、発見が遅れることがあります。

補修方法としては、防水工事が有効です。
防水層は時間の経過でひび割れが発生したり、亀裂が起きたりするので、定期的なメンテナンスが必要になります。

□雨漏りを放置すると起きるリスクについて

天井のシミが雨漏りによるものだと気付いても、「家の中にまで影響が出ている訳ではないし、まだ放って置いても良いだろう」と考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、雨漏りを発見したら、一刻も早く補修する必要があります。
早急に修理すれば、被害の範囲も最小限に抑えられるので、部分的な修理のみで済むこともあります。

ただし、雨漏りを補修せずに放置すると、雨水は住宅内部に浸入していき、そのうち躯体にまで影響を及ぼします。
その結果、天井や断熱材の腐食、シロアリ被害、漏電などを引き起こすこともあります。
建物の強度が低下すると、最悪の場合、建物の倒壊を招くおそれもあります。

また、雨漏りは建物だけでなく、人体にまで悪影響を及ぼすこともあります。
場合によっては、アトピーや過敏性肺臓炎などの原因となるカビを発生させてしまい、その結果、深刻な健康被害を引き起こすこともあるのです。

□外壁塗装の重要性と防水効果について紹介します!

外壁塗装は、住宅を紫外線や雨風から守り、住宅の寿命を長持ちさせる重要な役割を持っています。
塗装に加え、ひび割れやコーキングなどの修繕も同時に行うので、防水機能の維持に有効的です。

経年劣化で外壁の防水機能が低下すると、雨水が浸入します。
やがて雨水が建物の具体にまで及ぶと、雨漏りを起こします。
雨水の侵入に何の対処もせずに放置しておくと、建材の腐食が始まり、そして建物の寿命を縮めてしまいます。
雨漏りによる被害範囲が拡大すれば、それに応じて修理費用も高額になっていきます。

そのため、できるだけ早めの段階で、雨漏りが発生している箇所を突き止めて修理することが大切です。

*塗料の種類と防水効果

塗料に含まれる樹脂は、塗料の耐久性や性能に大きく関係しています。
樹脂の種類が変われば、耐久性や性能もおのずと変わってきます。

現在、日本の多くの住宅で採用されているのがシリコン樹脂塗料です。
耐用年数が長いため、塗り替え頻度を減らせます。

ただし、ほかにも新しい機能を備えたあらゆるタイプの塗料が開発されています。
そのため、住宅に使用されている建材、構造、立地条件などに合わせて最適な塗料を選ぶと良いでしょう。

□雨漏りが発生した場合に自分でできる応急処置について

雨漏りが発生したら、その程度や住宅の劣化状況次第では、専門家へ修理工事を依頼することになる可能性もあります。

とはいえ、工事が始まるまでの間になるべく雨漏りによる被害が広がらないようにご自身で防ぎたいと考える方もいらっしゃるでしょう。
そこで、自分でできる応急処置について3つ紹介します。

*落ちてくる水の対策

雨漏りが室内へ侵入してきている場合は、家電や家具を濡らすだけでなく、漏電を引き起こす危険性もあるため、まずはこの状況に対処します。

水が落ちてきている場所に、タオルやブルーシートを敷き、必要であればバケツを置きます。
また、屋根裏にブルーシートを敷いておくのも、室内に雨水が浸入するのを防げます。

*DIYでシーリング材を充填する

外壁のシーリング材の補修に必要な道具は、ホームセンターや通販などで購入できるため、自分でシーリング材を充填して応急処置する方法もあります。

しかし、ひび割れの程度が大きいような状況であれば、自分で応急処置をする方法は向いていません。
そのような場合は、雨水の浸入を防ぐためにビニールシートをかぶせ、すぐに専門家へ修理の依頼をしましょう。

□まとめ

この記事では、外壁塗装の重要性について紹介しました。
雨漏りは放置しておくと、住宅の構造部分にまで影響が及び、倒壊といった建物全体のリスクにも発展するおそれがあります。
気付いたときには、早急に対処してトラブルを回避したいですね。
福井で外壁塗装をお考えの方で、質問や気になる点がありましたら、当社までお気軽にお問い合わせください。

ABOUT US
panse
昭和47年生まれ。社南小・至民中・科学技術高等学校卒業。塗装歴30年。大工歴25年。携わった工事は7000件以上。一級建築士。全日本ベスト塗装店賞・最高金賞2回・金賞6回受賞。日本建築塗装職人の会会長とも親交が深く、塗装業界からも頼りにされている存在。趣味は仕事。好きな食べ物は奥様の手料理とヨーロッパ軒のソースかつ丼。仕事に厳しく、自分に厳しい福井市が生んだ塗装・リフォームのカリスマ親方。
無料お見積もりは今すぐお電話を。