ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

雨漏り対策の一環!自分でできる雨漏りチェックをご紹介

みなさんこんにちは! 「自分の家を買ってからすでに10年以上が経っているが、家のメンテナンスが大丈夫だろうか。」と不安に思っているお客様はいらっしゃいますでしょうか。

実際のところ、外装や屋根などは10〜15年が一つの寿命として考えられています。

そこで今回は、自分ですることができる雨漏りチェックの方法や見るべき箇所をご紹介したいと思います。

これを雨漏り修理の前に読めば、修理の段取りも手っ取り早く済むと思いますので、是非一度お読みになってください!

自分でできる部分は?

まず第一に、雨漏りのチェックで自分でできる部分は1階の屋根のみだ、ということを忘れずに覚えておいてください。

2、3階建ての家にお住いの方は、少し不便ではありますが、雨漏りのチェックや点検も業者の方へ依頼することをお勧めいたします。

チェックする箇所

では、具体的にはどのような箇所をチェックしていけば良いのでしょうか。
今回は、4つほどチェックする箇所をご紹介いたします。

・スレート、瓦
一番雨漏りの原因として多いのがこの部分になります。
スレートがひび割れていたり、瓦が割れていたりするのは比較的目視でも確認しやすいので、是非一度確認してみてください。

・棟板金 棟板金とは、屋根の一番尖った部分にかぶせる金属の板のことです。
全てのスレートや瓦を束ねているという点でとても大切な部品となってきます。
この部品は、釘が緩んでしまったり、浮いてしまったりすることで、板全体が浮いてしまうことがあります。
そうすると、その隙間から雨水が侵入してくるので要注意です。

・漆喰 風や雨がひどい地域では、漆喰が崩れてしまい、そこから雨水が侵入してしまうケースも散見されます。
これも、ぱっと見でわかりやすい故障ですので、一度目視で見て見ると良いでしょう。

・コーキング部分 コーキングとは、住宅の隙間や部品と部品の継ぎ目を埋めるもののことです。
これが剥がれてしまうと、その隙間から雨水が侵入します。
特にベランダ下や、棟板金のコーキング部分は要注意です。

まとめ

以上が、雨漏りの確認と、確認すべき箇所のご紹介となります。

お客様の家で「もしかしたらこれが原因かもしれない。」というような箇所はありましたでしょうか。

自分で確認ができれば、あとはその修理をするだけです。

少しのコーキングの埋め合わせなどなら自分でもできますが、経年劣化などによって複数の雨漏り箇所がある場合は厳しくなってきますよね。

そんな時は、是非漆崎塗装店での屋根のリフォームをお考えください!

塗装だけではなく、お住まいに関することなら下記にお気軽にご相談ください!

無料お見積もりは今すぐお電話を。