ペイントパンセ(gaiheki-panse.com)は令和6年2月にリフォームパンセ(r-panse.com)と統合致しました。

3分でわかる!悪徳塗装会社の塗装方法とは?

外壁塗装を依頼した会社が悪徳会社で、手抜き工事をされてしまうといった事態は避けたいですよね。
そのような事態を避けるためには、悪徳会社の手口を知っておく必要があります。
それでは、悪徳会社がどのような手口で、どのような対策を取ればよいのかご紹介いたします。

悪徳会社の塗料の塗り方とは?

一般的に外壁塗装は下塗り、中塗り、上塗りの3回塗料を塗るのですが、悪徳会社の場合は、塗料を塗る回数を減らすことによって、経費を削減し、儲けを大きくしようとします。
また、それら以外にも手抜き工事していることがありますので、いくつかご紹介いたします。
 
・養生しているか
養生というのは塗料を塗る必要がない部分にビニールを貼るなどして、汚れないようにする作業です。
養生をしているか確かめましょう。
 
・塗料の希釈割合は守っているか
塗料の希釈割合はメーカーによって決められています。
それを下回る割合だと、効果を発揮できないことがあります。
 
・塗装間隔は適切か
下塗り、中塗り、上塗りの3回塗料を塗るには、それぞれ塗料を塗り重ねる際に間隔をあける必要があります。
また、その感覚は気温や湿度によって変化するので注意が必要です。
これらのように悪徳会社は、様々なことで手抜きをして、経費を削減し、儲けを大きくしようとしますので、気を付けましょう。

説明を受ける必要性とは?

悪徳会社の塗料の塗り方を知っておくと、実際に説明の際にこれらの点はどのように作業をするのかなど質問ができます。
また、説明を受けておくことで、その説明と違った内容の作業をされたときに対策ができます。

悪徳会社の営業方法とは?

ここまで、悪徳会社がどのように、手抜きを行うのかということについて説明しましたが、そもそもどのように営業してくるのかをご紹介いたします。
 
主に二つあり、契約を急がせることと、不安を煽ることです。
例えば、悪徳会社の社員が「この外壁は老朽化が進んでいて、今すぐに工事をしないと大変なことになる!」といって工事に緊急性と必要性が高いということアピールしてくることです。
専門家を名乗る人から言われると、契約を結んでしまう方が多いので気を付けてください。
 
 
いかがでしたか?
この記事では悪徳会社の手口についてご紹介いたしました。
手抜き工事をされると、耐久性や外観に問題が出てきてしまいます。
そのため、しっかりとした業者選びをして、外壁塗装を成功させましょう。

無料お見積もりは今すぐお電話を。