築17年のタキナミの建売住宅をツートンで外壁塗装!

ツートンも選ぶ色で雰囲気は全く変わります!

どうしてペイントパンセを選んでくれたの?

実は2016年にもパンセさんで見積の依頼をしたのですが、家族の事情等諸々にて延び延びになっていました。外壁を触る余裕が出てきたのでさあどこでしようと思ったのですが、以前もしっかりとご対応頂いてくださり、当時から今でもお便りを書かさずにお送り頂いていたパンセさんなら安心だとお願いする事にしました。

施工場所福井市二の宮
施工内容外壁塗装工事
施工時期2023年6月
使用した塗料ASTEC リファインSi
お客様のご要望痛んでいる部分を確実に直して長持ちする様にして頂きたいです

施工前、曇り空の延長のような外壁汚れ。

この周囲はタキナミさんが建てられた建売住宅の分譲地。
その中でもデザイン性が高く間口も大きなお宅がO様のお宅です。

当時はアイボリーと薄手のブラウンが優しい雰囲気を出していたのでしょう。
でも周りのお宅と色合いが同化していてせっかくのお宅の価値を引き出していませんでした。

さらに長年の外壁汚れにより、何となく曇り空の延長のように
暗い外壁になってたのです。

建てられて17年位経過しており、
もう手をかけていかないと取り返しの付かない所まで来ていました。

この写真は2016年に伺ったときに撮影したもの。
当時、すでに触ると白く粉が付く外壁でした。

そして今回伺うと、さらに色は薄くなっており、
目地の深い部分にコケが生えているのが見えます。

コーキング部分は全て隙間が開いていました。
つまり、
外壁内部に雨水が入っている状態だったのです。

そして玄関前にあるデザインのゲートにもサイディング内部に水が入っているため
落ちてきてしまうような状態だったのです。

施工後!町内で一番美しいツートン仕上げへ。

玄関先のゲートは痛みが激しいため塗装での修繕では長持ちさせる事が難しいと判断、
ゲート部分を解体して痛みの激しかった玄関先部分は縦張りの板金を施工しました。

ただの塗装店なら考えずに塗ってしまうところを、
痛みの原状に合わせて外壁を張り替えたり、場合によっては解体したりとなんでも出来るのが
私たちペイントパンセの強みです。

私たちの会社には塗装職人だけでなく大工も自社で育成している職人が在籍し、
自社施工ですので予算は抑えて、工事は確かな技術で行う事ができるのです。

それと
最初に伺っている代表親方漆崎は一級建築士、大久保は施工管理技士と
塗装に囚われず建築全体を知っているから御自宅に一番ベストなご提案が出来るのです。

ゲートがあるときも格好良かったですが、なくなっても玄関周りが板金になる事で
さらに雰囲気が良くなりましたね。

そして見て下さい、この色とツヤ。
落ち着いたブラウンは家の雰囲気を高めるだけでなく、
汚れも目立ちにくいので外壁を長い間、キレイに保たせる事が出来ますよ。

お客様の声!(施工後の今のお気持ちを教えて)

長年の夢がついに叶いました。住宅街ですので色々な色のお宅がありますが、私が見る限りでは我が家を超える見た目の家はありません。本当に良くなって嬉しいです。
最初は社長に、今回は大久保さんにお越し頂いて7年越しでの外壁塗り替えでしたが大満足です。本当にありがとう。

福井市二の宮 O様

今すぐお電話をする